shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年07月01日

Shoespost-online

2022年07月01日

ダイヤ、片足ずつキレイに洗える全面極細ブラシの「上履きが洗える洗濯ネット」を発売



家庭用品、ベビー用品、ゴルフ用品などの企画開発販売をしているダイヤ(東京都中野区、豊澤一誠社長)は、子ども用の上履きから28.0㎝のスニーカーまで洗濯機で丸洗いできる「上履きが洗える洗濯ネット」を6月1日に発売した。価格は2500円(税込)。


子ども達が毎週持ち帰ってくる上履きを、手洗いではなく洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う人が増えている。これまでのシューズ用洗濯ネットの多くは、左右2つの上履きをひとつの洗濯ネットに入れて洗う形になっており、左右それぞれの上履きの汚れ残りが気になることがあった。


そこで同社は、ネット内側の全面に、やわらかい短毛を高密度に植毛した円筒型の2枚組洗濯ネットを発売。極細ブラシが付いた洗濯ネットに片足ずつ入れて洗うことで、シューズの全面の汚れをかき出しやすくなり、よりキレイに洗える。内部に仕切りがないシンプルな構造なので、ネット内にたまったゴミも裏返して簡単に取り除ける。


開けやすく大きな引き手付きのYKKファスナーを採用。収納や乾燥に便利なループタグが付き。28.0㎝のサイズまで対応しているため、洗濯機で洗えるシューズであれば子どもから大人のシューズまで使用できる。


取扱店は、同社公式ショッピングサイト(楽天市場、Yahoo!ショッピング、amazon.co.jp)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP