shoespost

 

 

Shoespost-online

2023年02月08日

Shoespost-online

2023年02月08日

「アシックス」のランニングシューズ、ゲルニンバスシリーズからソフトな接地感と快適性を追求した「ゲルニンバス25」が登場



アシックスジャパンは、クッション性を重視したランニングシューズのロングセラーモデル「GEL-NIMBUS(ゲルニンバス)」シリーズから、よりソフトな接地感と優れたクッション性をもたせた最新モデル「ゲルニンバス25」5品番を、2月上旬から順次発売する。価格はすべて1万9800円(税込)。


今回発売する商品は、南オーストラリア州のThe Biomechanics Labによる快適性テストで最も快適性に優れたランニングシューズとランナーから評価されており、快適なランニング体験を提供する。また、同社独自の設計思想「ASICS DESIGN(アシックスデザイン)」に従い、身体と心の両方にとって優れた構造設計を目指した。


ミッドソール全面に環境に配慮したクッションフォーム材「FF BLAST PLUS ECO(エフエフブラストプラスエコ)」を採用し、軽量でやわらかなクッション性を実現。クッションフォーム材の約20%に再生可能なサトウキビ由来の素材を使用している。


また、踵部に足にかかる負担を軽減する衝撃緩衝機能「PureGEL(ピュアゲル)」テクノロジーを内蔵。前作に搭載していた「ビジブルGEL」と比較し、「PureGEL」は約65%やわらかく、約10%の軽量化を実現している。靴底は、後部に同社従来ラバーと比較し約3倍の耐摩耗性をもつ素材を使用し、前部にも軽量で耐摩耗性に優れた素材を配した。


アッパーは、エンジニアードメッシュを採用。アッパーの主材料の70%以上にリサイクル素材を使用した。ベロ部には伸縮性のあるニット素材を採用し、足の上部をやわらかく包み込むようサポートする。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP