shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年04月13日

Shoespost-online

2021年04月13日

「コロンビア モントレイル」に名作バハダを継承したF.K.T.アテンプトが登場



コロンビアスポーツウェアジャパンは、トレイルランニングブランド「コロンビア モントレイル」から、数多くのランナーの足もとを支えてきたアイコニックなシューズ、バハダを継承した「コロンビア モントレイルF.K.T.アテンプト」を発売している。


バハダのソールユニットを継承したシンプルでミニマルなモデルで、エリートからビギナーまで、あらゆるレベルのランナーに対応する。


アッパーは、ソフトな履き口とシュータンが、ソックスを履いているような履き心地を実現。耐摩耗素材が岩などによるシューズ側面のそれを防ぐ。フルレングスのFluid Foamミッドソールにより、クッション性と柔軟性、サポート性を発揮。フルレングスのグリプトナイトアウトソールに足底をトレイルから守るトレイルシールドを搭載。ソール中央部の溝が屈曲性を高める。メンズ2色、ウイメンズ1色で1万2100円(税込)。ドロップは10㎜。



石川弘樹氏



コロンビア モントレイルアスリートの石川弘樹氏は「デザインがすっきりしていて余計な飾り気がなくシンプル。バハダを思い起こすような着地時の安定感があり安心。ソックライナー形式で包まれるようなホールド感がある。履き心地はバハダ3よりもしなやかで、モントレイルF.K.T.よりもソフトで軽い。トウボックスはやや広めで、足指がちゃんと使えるのもいい」とコメントしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP