shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年05月18日

Shoespost-online

2022年05月18日

デサントジャパン、動くと電気を発生し抗菌効果がある繊維を使ったマウスカバー発売――UHA味覚糖と共同プロモーションも

㊧UHA味覚糖松川泰治執行役員・バイオ開発ディビジョンリーダー、㊥ピエクレックス玉倉大次代表取締役社長、㊨デサントジャパン岡田基生ブランドマーケティング部門エキップメント開発部部長(㋂16日開催の新製品発表会で)

デサントジャパンは、ピエクレックス(滋賀県野洲市、玉倉大次社長)が開発した“人の動きを電気エネルギーに変える”新素材、PIECLEX(ピエクレックス)を使って抗菌効果のあるマウスカバーを「デサント」直営店8店とEコマースで発売した。「PIECLEX MASK」はフリーサイズ、ホワイトとグレーの2色展開で2970円(税込)。


PIECLEXは、植物由来のポリ乳酸繊維で、力がかかると電気を発生し、抗菌効果がある。マスクに採用すると、口を動かすことで抗菌効果が高まることから、UHA味覚糖(大阪市、山田泰正代表取締役)の高弾力グミ「DOMACグミ」と共同プロモーションを実施していく。


ピエクレックスは、すでにデサントジャパンとの取り組み第1弾として、歩くことで抗菌・防臭効果を発揮するPIECLEXを使った一般向けの初めての商品「PIECLEX スポーツ用3Dソックス」を1月から発売している。第2弾では、硬いグミで咀嚼力を高めるとマウスカバーがしっかり動くことから3社のコラボレーションが実現した。また、マスクの着用で増える舌上の菌数を、グミに配合された食品成分のDOMACが抑える効果もある。


共同プロモーションでは、デサントジャパンはマスク購入者にグミの試供品をプレゼント、UHA味覚糖は本社2階の直営店、UHAサテライトショップでグミ購入者に抽選でマスクをプレゼントするほか、両社のECサイトの相互送客を実施する。


ピエクレックスは、村田製作所と帝人フロンティアの合弁会社で、電気技術と繊維技術を融合し、ポリ乳酸繊維の圧電効果を利用し、着用者の動きから電気を発生させ、薬剤を使用せずに抗菌機能をもたせることが可能な繊維を開発している。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP