shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年08月18日

Shoespost-online

2022年08月18日

タンナーの山陽、ピット漕鞣しによる“ピットヌメ革”などをアピール――LWGの登録に向けた取り組みもスタート

第103回東京レザーフェアにおける山陽のブース

5月に開催された第103回東京レザーフェアで、ユニークなブース構成が目立ったのが山陽(兵庫県姫路市)。通常、皮革を扱う企業であればブース内の革が目を引くようにディスプレーするものだが、同社は画と言葉と写真での説明をメインとし、革はそれぞれの説明に添えられるように平置きで展示した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP