shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年10月01日

Shoespost-online

2022年10月01日

オアシスライフスタイルグループ、作業着スーツ「WWS」に合う靴ブランド「ワークウェアシューズ」立ち上げる――アシックス商事の「テクシーリュクス」と共同で“カカトが踏める”ボーダレス本革シューズをMakuakeで先行販売

“カカトが踏める”ボーダレス本革シューズについて発表したアシックス商事荒巻真央取締役㊧、オアシスライフスタイルグループ関谷有三代表取締役㊥とマクアケ キュレーター本部セールス局/ビジネスプランニング局の松岡宏治局長㊨

オアシスライフスタイルグループ関谷代表取締役「革靴を超えた、新たな革靴の市場をつくる」――10億円規模のビジネス目指す

“スーツに見える作業着”で210億円のワークスーツ市場を創出した「WWS」が、今度は靴業界に本格参入した。作業着スーツ「WWS(ダブリューダブリューエス)」を企画販売するオアシスライフスタイルグループ(東京都港区、関谷有三代表取締役)は、シューズブランド「WORKWEAR SHOES(ワークウェアシューズ)」を立ち上げ、アシックス商事が展開する紳士ビジネスシューズ「texcy luxe(テクシーリュクス)」と共同開発した“カカトが踏める”ボーダレス本革シューズを、8月3日(水)から応援購入サービスの「Makuake」で先行販売している。


新ブランドの立ち上げを記念して、8月5日(金)から10月7日(金)の期間中、WWS Flagship Store 新宿に、「ワークウェアシューズ」の全サイズ全カラーを用意した試履きブースを設置している。


オアシスライフスタイルグループの関谷代表取締役は、28歳で水道工事業を立ち上げ、オゾン洗浄事業で業界シェアNo.1企業に飛躍後、台湾の人気カフェ春水堂(チュンスイタン)を日本に上陸させ、タピオカブームの火付け役となった。そして2018年3月からスーツに見える作業着「WWS」を発売し、販売5年目の2022年6月時点での導入企業は1800社を超え、累計販売数17万着を突破した。

“カカトが踏める”ボーダレス本革シューズ。アウトソールは軽量で、クッション性と屈曲性に優れており歩きやすい。インソールには、消臭繊維「MOFF(モフ)」と抗菌繊維を採用し、衛生面にも配慮している

会見で関谷代表取締役は「WWSに最も合う靴をつくりたいと考えた。私自身、普段はスニーカーを履いているが、レストランでの会食や冠婚葬祭など、適さないシーンは数多くある。新幹線や飛行機の中で靴を脱いで靴の上に足を置くというぶざまさと、車(機)内でのトイレへの移動は、私自身のなかでも嫌なシーンのひとつ。ムレる、歩きにくいといった革靴のネガティブなイメージを覆し、革靴が嫌いなすべての人が毎日履きたくなるような、“革靴を超えた、新たな革靴の市場をつくる」と意気込む。


「WWS」と「texcy luxe」は、“動きやすさ”を追求したビジネスウェアとビジネスシューズ、という共通項があることから、2021年4月からWWSの直営店で「texcy luxe」の販売をスタート。さらに、WWS Flagship Store新宿では、2021年に2回にわたりポップアップコーナーを開設し、その関係性を深めてきた。


アシックス商事は、「ビジネスなのにスニーカーのような履き心地」をキャッチフレーズにする紳士革靴「texcy luxe」を2009年秋から展開している。過酷なビジネスシーンの中で履き心地、歩き心地の良さを追求しており、発売から2022年6月末までの累計出荷足数は620万足を超えている。

商品開発について語るオアシスライフスタイルグループ関谷代表取締役㊧とアシックス商事荒巻取締役㊨

アシックス商事の荒巻真央販売創造本部担当取締役は、「約1年前に協業の話があり、WWSの革新的で斬新、そして顧客目線のアイデアを、当社が培ってきたモノづくりのノウハウで実現した。“カカトが踏める”というのはビジネスシューズでは推奨できないが、リラックスするシーン等ではありなのではないか、と考えた。そのため、歩行時は踵を踏まないで使用することを条件として入れてもらっている。Texcy luxeは、これまでWWSでの販売実績もあり、今回の取り組みもチャネル戦略の一環でもあるが、この商品で革靴に対するユーザーの目線が変わることにも期待している」と語る。


“カカトが踏める”ボーダレス本革シューズは、履き心地と歩きやすさを前提に、踵部のカウンターをなくしても歩く際に違和感のないように設計されている。踵部にダブルステッチを入れ、内側に不織布を採用するといった工夫で、踏んで倒れた踵部は自然に戻るようになっている。


関谷代表取締役は、「WWSのスーツは現在、10億円弱の売上げ規模があり、ワークウェアシューズも同等の規模にもっていきたい。まず、“カカトが踏める”ボーダレス本革シューズが市民権を得られるようにしたい。働く人を対象にした服や靴には正解がない。次は、スーツに合うスニーカーであるとか、究極に時代に合ったシューズを提供し、靴を再定義するような商品を生み出していきたい」と述べている。


アイテムは1型2色(ブラック、ブラウン)で、価格は1万4080円(税込)。サイズは24.5~27.0㎝。早割価格等で先行予約を受け付けているMakuakeでは、応援購入開始後30分で目標金額50万円を超え、24時間で707%を達成した。1週間後には1500%を超えたため増産を決定、8月12日(金)から追加販売を開始している。残り50日となった8月18日10時時点での達成率は1741%(金額で870万9954円)となっている。なお、Makuakeでの購入者には、11月中旬に商品が届けられる予定。


■「WWS Flagship Store 新宿」=東京都新宿区新宿3-15-16 1階▽電話番号=03(5315)0213▽営業時間=11:00~20:00


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP