shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年03月05日

Shoespost-online

2024年03月05日

“雨の日でも履きたい白スニーカー”がコンセプトの「ボーダレスシリーズ」からエアソール搭載の第2弾――7月12日(水)からMakuakeで先行販売



作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS(ダブリューダブリューエス)」を企画・販売するオアシスライフスタイルグループは、自宅の洗濯機で丸洗いできる通気性と撥水性に優れた高機能スニーカー「ボーダレスシリーズ」から、エアソールを搭載し、歩行サポートに特化した第2弾モデル「ボーダレススニーカーAIR」を、応援購入サービスのMakuake(マクアケ)で7月12日(水)13:00 から先行販売する。同社が今年2月に発売した第1弾スニーカーは、累計販売額が1700万円を突破し、現在も好評販売中。


ボーダレスシリーズは、「雨の日に履くのは躊躇する」「洗っても乾くのが遅くてすぐ履けない」など、白いスニーカーに対する不満点を解決し、「雨の日でも履きたい白スニーカー」をコンセプトに開発した。商品は、ハイテクなニット素材により、強力な撥水性と優れた通気性を実現し、水の表面張力を利用する特殊撥水加工を糸の段階で施すことで、繰り返し洗っても撥水性が持続する。さらに、自宅の洗濯機で簡単に洗え、3~4時間ほどで乾くので清潔に保てる。


今回の第2弾モデルは、アウトソールに軽量かつクッション性の高い発泡EVAと衝撃吸収のエアソール、さらに地面との接地面には滑りにくく、耐摩耗性をもつラバーを使用。これにより、足にかかる負担や疲労を軽減し、適切な足の動きを促すことができる。さらに、通気穴のあいたインソールにすることで、靴の中の通気性を向上した。この商品は、水に強い・ムレにくい・歩きやすい革新的ビジネスシューズを展開する「+F+(エフ)」との共同開発となる。


「ボーダレススニーカーAIR」のサイズ展開は、23.0~28.0㎝(1㎝刻み)で、価格は1万8700円(税込)。カラーはホワイトとブラック。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP