shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年05月27日

Shoespost-online

2024年05月27日

アシックスが開発した子ども専用の足形計測システム「fdigi(エフデジ)」がリニューアル――アシックスキッズ銀座とグランフロント大阪でサービス開始



アシックスは、子ども専用の足形計測システム「fdigi(エフデジ)」をリニューアルし、アシックスジャパンが運営する直営店のアシックスキッズ銀座、アシックスキッズグランフロント大阪で計測サービスを開始した。


エフデジは、スキャナーで足裏画像を撮影し、専用ソフトを用いて分析することで、足長はもちろん、重心のかかり方や母趾のまがり角度などがわかる。


今回リニューアルした計測機は、計測結果を紙で渡すだけでなく、携帯端末から2次元バーコードで計測データを読み取ることで、デジタルデータとして持ち帰ることができるようになった(2次元バーコードは発行から24時間のダウンロード期限がある)。


子どもの足の骨は、まだやわらかい軟骨状態のため、この時期の運動や靴選びが健康な足を形成する上で重要なポイントになる。アシックスキッズ各店では、さまざまな計測を通じてシューズ選びの提案を行い、子ども達の健やかな足の成長をサポートする。


アシックスが展開する子ども靴のシリーズ「SUKU²(スクスク)」は、「子どもの足の健康を守り育むこと」をコンセプトに誕生し、2022年に25周年を迎えた。子ども特有の足の動きや骨格などの研究を重ねて開発し、実際に使用した子どもや保護者から好評を得ている。現在は、歩き始めの赤ちゃんを対象としたファーストシューズから小学生を対象としたシューズまで幅広く展開し、足幅が細い子ども向けのナロータイプや学校の上履きなども取り揃えている。また、足の成長予測デジタルサービス「ASICS STEPNOTE(アシックスステップノート)」を開発し、各地で足形計測会を実施するなど、サービス面にも力を入れている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP