shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月04日

Shoespost-online

2022年12月04日

“立ったまま履ける”チヨダのPB「セダークレスト」の“スパットシューズ”が進化、好評で年間販売目標も上方修正

㊧CEDAR CREST CC-60900 5379円(税込)/カラーはネイビー、イエロー、ブラックの3色、㊨CEDAR CREST
CC-60950 5379円(税込)/カラーはブラウン、ブラック

チヨダは、全国のシュープラザや東京靴流通センター、公式オンラインショップなどで販売している同社のプライベートブランド「セダークレスト」の画期的発想の機能性シューズ「スパットシューズ」の新作を発売している。


2022年3月に発売された「スパットシューズ」は、発売以降「立ったまま履ける」その画期的な発想が話題を呼び、多くの問い合わせが来ているという。今回の新モデルは、快適性と歩行性をさらに進化させた2モデルを提案している。


最大の特徴である“かかと”は、独自設計したエアパッドと計算された傾斜に、今回、さらに甲が幅広になって足入れ感がアップした。また、アッパー部分にメッシュ素材を採用して快適性も重視、ソールにも改良を加えたことで軽量化と屈曲感の向上が実現した。


同社では「日常生活やレジャーシーンだけでなく、体の動きに不安がある方にも、試してもらいたい1足」としている。発売以来好評の「スパットシューズ」は、年間販売目標を当初の10万足から15万足に上方修正している。同社では「手を使わずに靴が履けることはスポーツシューズとしては不要の機能だが、生活に密着した靴専門店ならではの機能」としており、今後、女性モデルの発売も予定している。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP