shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年05月26日

Shoespost-online

2024年05月26日

モンドデザイン、廃棄されたタイヤをアップサイクルする「SEAL」から濡れた路面でのスリップを軽減する高機能スニーカーを発表



モンドデザインが展開する廃棄されたタイヤをアップサイクルするブランド「SEAL」は、廃棄されたタイヤチューブを使用したスニーカーシリーズから、タイヤチューブと、滑りやすく濡れた路面に接することの多いユーザー向けにVibramが開発するソールを組み合わせた高機能スニーカー「スニーカー501 Vibram Sole」を4月16日にSEAL表参道本店、公式オンラインストアで数量限定にて先行予約販売を開始した。


同モデルは、大型トラック用の“廃棄されたタイヤチューブ”を粉砕などの特殊な加工はせず、素材本来の特徴である弾力性、耐久性や防水性を活かし、素材感を活かしながらアッパー部分にリユースしている。


ソールには、Vibramが開発するドライな地面・濡れた地形を問わず卓越したグリップ力を保持するために開発されたソールを採用。雨の日のスリップの危険を低減し快適な歩行をサポートする。タイヤチューブの防水性により悪天候の日などでも気にせず使用でき、汚れにも非常に強くメンテナンスが簡単なタフなスニーカーになっている。


同製品で使われている廃タイヤは、素材感が2つとして同じものはない、世界に1つだけのアイテムに生まれ変わる。このような製品を通じて、環境問題やSDGsに対して関心のある人、1つひとつ素材感が異なるため自分だけの製品を楽しみたい人へ、アップサイクル製品に対する新たなニーズの拡大を目指す。


サイズは、M(25〜25.9㎝)、L(26〜27㎝)、LL(27.1〜28.5㎝)、価格は2万4200円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP