shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年06月22日

Shoespost-online

2024年06月22日

グンゼのストッキングブランド「サブリナ」から靴とコーディネートしやすく、脱げにくいフットカバーが登場

SABRINAフットカバーの代表モデル。左からNatural 浅履き(品番:SQV902)、Shape 超深履き(品番:SQV923)、Tough 浅履き(品番:SQV925)、Cool 深履き(品番:SQV932)。すべて価格は440円(税込)

グンゼは、1995年のブランドデビュー以来「強く、やさしく、美しく」をブランドコンセプトにストッキングを展開してきた「SABRINA(サブリナ)」から、女性のオンタイムをデザインするフットカバーの展開を開始した。


ビジネスファッションの多様化にともない、通勤時などに着用が増えているスニーカーやパンプスに対応するフットカバーを開発。綿を使用した優しい履き心地の「Natural」、足のアーチにフィットする仕様の「Shape」、丈夫で破れにくい「Tough」、冷感素材を使用した「Cool」をラインアップ。多様なボトム、靴への対応×快適性・利便性を強化したフットカバーを展開する。


2023年6月に20~50代の女性380人に行った女性のビジネスウェア着用実態調査によると、オンタイムにおける女性のビジネスファッションのカジュアル化が進む中、ロング丈中心にパンツの着用率が拡大。合わせるレッグウエアについてもストッキングだけではニーズを充足できなくなってきていることがわかったという。


またシーン別で着用する靴のタイプについて調べたところ、「通勤・仕事」でのスニーカー着用率が最も高く、次いでパンプスとなっている。ビジネスシーンでのスニーカー着用率は、靴タイプ別でみると最も高く、また年々拡大傾向にあることから、女性のオンタイムファッションのカジュアル化の進行が想定される。


一方、パンプス着用率は、シーン別では「通勤・仕事」が最も高く、「日常的な外出」が最も低い結果となっていることから、オンタイムを中心に「キチンと感」を重視したスタイリングでの着用が想定され、カジュアル化が進むビジネスファッションにおいても、依然として「キチンと感」が重視されていることが伺えた。


これらの結果から、同社は「女性のオンタイムファッションをデザインするために必要なのは、多様なビジネススタイルへの対応(ボトム・靴バリエーションへの対応)、ビジネスシーンでの快適性、利便性の強化、新しい着用スタイルへの対応が必要であることがわかった」としている。 


フットカバーの多様なビジネススタイルへの対応として、同社はフラットシューズに最適な超浅履き、ローファーに最適な浅履き、スリッポンに最適な深履き、スニーカー超深履きの4タイプを用意。また、新しい着用スタイルへの対応としては、ムレ対策としてストッキングの上から履いても脱げにくい重ね履きフットカバーを提案している。中心価格は440円(税込)。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP