shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年09月18日

Shoespost-online

2021年09月18日

【子ども靴特集 アキレス「瞬足」】消費者目線をしっかり捉えたアイテムで年齢層も上下への拡大はかる



日本を代表するジュニアスポーツブランドの「瞬足」は、昨年来のコロナ禍で厳しい局面を迎えているが、今年2月以降は昨年実績を上回ってきている。2021年秋冬についても、ベビー商品への展開拡大や運動会需要に対応する付加価値を高めたモデル、2021年春夏にデビューした“弾むような走り”をサポートする「HISTORM(ハイストーム)」シリーズなど、消費者目線をしっかり捉えた提案を行っていく。「SL BY SYUNSOKU」シリーズではトレンドを意識した大人っぽいデザインや、アパレルとリンクさせたシンプルなデザインのアイテムを提案していく。


【瞬足足育ベビー】

アキレスのシューズ設計思想を盛り込んだ「ベビーシューズ」の強化で世代広げる

【瞬足足育ベビー】SJB 9840 3300円(税込)/母親の声を反映させて開発したベビーシューズ。カラーはベージュ、グレー、ネービー、ピンク。サイズ12.0~15.0㎝(ハーフサイズあり)。パカッとひらくバンドとガセットタン仕様で履き(履かせ)やすい

アキレスは、“子どもの足の正しい成長をサポートするシューズ”をテーマに開発した「瞬足足育ベビー」を2021年春夏から復活させ、ベビーカテゴリーの展開強化を推し進めている。同社が商標権を保有する「足育(そくいく)」とは、足の成長に合わせたラスト設計、履き心地への配慮、足への負担軽減など、“人間が持つ足本来の機能を取り戻し、正しく歩くこと”を第一に考えた同社シューズの設計思想。


屈曲しやすく、やわらかなアッパー素材と軽量ソール、足指をのびのび動かせる幅広、つま先ゆったりのオブリークラストの採用といった子どもの足を考えた設計はもちろんのこと、“パカッとひらくバンド”や、“左右間違い防止機能”の搭載で、子どもが自分で履きやすい工夫も凝らしている。


2021年秋冬は、2021年春夏から発売したメッシュ素材によるスポーツテイストのSJB9520を継続展開するほか、よりカジュアルなデザインを意識し、洋服に合わせやすいカラーとデザインを採用したSJB9840を新たに提案している。


SJB9840には、ユーザーの声を反映して、ジュースなど水性系の汚れをはじく機能を付加している。さらにユーザーから“履く(履かせる)際の困りごと”として挙がっていた「シュータンの内側への倒れ込み」を防ぐために、シュータンをアッパーとつなげたガセット仕様にしている。アキレスでは「当初は砂遊びの際に靴に砂が入りにくいように設計したが、消費者はシュータンが内側に入り込んで履きにくくなることの方への関心が高かった。そこで、面ファスナーが開いたままの状態をキープできる“パカッとひらくバンド”とガセット仕様を組み合わせることで履きやすく、かつ履かせやすくした」と説明する。


【瞬足(男児向けアイテム)】

運動会モデルにKaRVOプレートを初搭載! “速く走るための”機能をグレードアップ

【瞬足】SJJ 9700 4290円(税込)/KaRVOプレートを搭載してグレードアップした「ASHRA BLADE」シリーズの運動会モデル。左右非対称ソール。19.0~23.0㎝(ハーフサイズあり:2E)。左からブルー、パープル、赤、サックス、グリーン


【瞬足】SJC 9710 4290円(税込)/KaRVOプレートを搭載してグレードアップした「CODE ZERO」シリーズの運動会モデル。左右非対称ソール。つま先ラバースパイク搭載。16.0~23.0㎝(ハーフサイズあり:2E)。左から黒、ブルー、イエロー、ネービー、グレー

「瞬足」が2021年秋冬、運動会モデルとして提案しているのが、SJJ 9700とSJC 9710。SJJ 9700は、瞬足フラッグシップモデルの「ASHRA BLADE」シリーズで、最高の走りを引き出す4種類のスパイクを搭載。一方、SJC 9710は、耐久性を保持しつつ瞬足史上、最も軽いソールを実現した「CODE ZERO」シリーズ。


今回、注目されるのは、両モデルともに「瞬足」として初めて中底に強化プラスチック製の“KaRVOプレート”を搭載したこと。この機能素材により蹴り出しの際の反発性を高め、前進力をアップさせる。運動会モデルを機能素材のKaRVO搭載によりグレードアップさせ、アッパーは運動会で目立つカラーを採用、税込4290円で提案している。なお、「CODE ZERO」シリーズのSJC 9710は、ミッドソールにも色付けして汚れが目立たないように配慮している。


店頭では、現代絵師、山下良平氏が制作した目を引く販促物で訴求していくとともに、雑誌コロコロコミック10月号に広告を掲載し、子どもたちに直接、アピールしていく。


また、2021年春夏シーズンから登場した「HISTORM」シリーズの新製品、SJJ 9720や男児向けカラー、女児向けカラーを用意した「CODE ZERO」シリーズのSJJ 9730にも注力している。

【瞬足】㊧3点SJJ 9730 3850円(税込)、㊨3点SJJ 9720 3850円(税込)/SJJ 9730は「CODE ZERO」シリーズの男児向けカラー。左からシルバー、タンジェリン、ブルー。16.0~25.0㎝(ハーフサイズあり:2E)。SJJ 9720は「HISTORM」シリーズで、左から黒、ライトブルー、イエロー。16.0~23.0㎝(ハーフサイズあり:2E)。ともに左右非対称ソール

“空力(くうりき)RUN”がキャッチコピーの「HISTORM」シリーズは、過去に人気だった「SYUNSOKU STORM(シュンソク ストーム)」、「STORM MAX(ストーム マックス)」に続くストームシリーズ第3弾。ミッドソールを横に貫通する中空構造のハイストームホールを設計、そしてサクション構造の採用により、軽量化を実現するとともに着地時の衝撃を吸収し、子ども達の弾むような走りをサポートする。また、左右非対称のアウトソールには、スタートや直線での蹴り出しをサポートする大型のダッシュスパイクとコーナリングでグリップ力を発揮する縦溝意匠を採用し、幅広い走りに対応する。


「CODE ZERO」シリーズのSJJ 9730は、男児向けとしてブルー、シルバー、タンジェリンの3色を、女児向けにもラベンダー、ネービーブルー、サックスの3色を提案している。さらに「瞬足」には今年11月、鬼滅の刃コラボシューズ「鬼滅の刃 produced by SYUNSOKU」第2弾モデルが発売される、という話題もある。



【瞬足(女児向けアイテム)】

女の子のニーズを捉える“お出かけにもカジュアルにも履ける”デザインに注力

【瞬足】㊧4点LEJ 7150 3850円(税込)、㊨3点SJJ 9730 3850円(税込)/LEJ 7150は、足長・美脚効果の「SYUNSOKU BIT」シリーズ。左からサックス、ネービー、ラベンダー、黒。16.0~23.0㎝(ハーフサイズあり:2E)。SJJ 9730は、「CODE ZERO」シリーズの女児向けカラーのラベンダー、ネービーブルー、サックス(左から)で16.0~25.0㎝(ハーフサイズあり:2E)。ともに左右非対称ソール

2021年秋冬シーズンの「瞬足」女児向けは、“お出かけにも履けるカジュアル”を意識したアイテムをラインアップしている。


注目商品は、「瞬足」が得意とするスポーツテイストのデザインをベースに、15㎜のヒールアップでの美脚効果と足が細く見えるスマートラストを採用、15歳まで履ける大人デザインで人気の「SYUNSOKU BIT」シリーズのLEJ7150。


また、男児向けアイテムでも取り上げた最軽量ソールの「CODE ZERO」シリーズの新製品、SJJ 9730にも女児向けカラーとして、ラベンダー、ネービーブルー、サックスを用意している。



【SL BY SYUNSOKU】

“with SL”をテーマに黒ベースのカラーと素材で変化をもたせた新製品を投入

【SL BY SYUNSOKU】㊧2点DSL 0390、㊨2点DSL 0370 ともに4950円(税込)/カラーはともに黒と白。モノトーンをベースにした大人っぽいデザイン。ともに17.0~25.0㎝(21.0㎝までハーフサイズなし:2E)


【SL BY SYUNSOKU】DSL 0380 4950円(税込)/ニットとバックルを使った大人っぽいデザイン。黒とグレー。17.0~25.0㎝(21.0㎝までハーフサイズなし:2E)

トレンドを採り入れた、大人っぽいクールなデザインとカラーが、ファッション感度の高い親子に受け入れられている「SL BY SYUNSOKU」。2021年秋冬シーズンは、“with SL”をテーマに、黒を基調にしたモノトーン系の新製品を投入する。


ワンランク上の税込4950円のラインは、トレンドを考慮して、同じ黒でも素材(合成皮革、ニット、ナイロン)によって見た目の表情が変わるアイテムを提案している。合成皮革をアッパーに使ったDSL 0370は、アッパー表面が滑らかで水をはじくようなイメージ、バックルを配したハイカットのDSL 0380は、アッパーにニットを採用したことでフィット感に優れるイメージ、ナイロンのアッパーに大きな面ファスナーを配したDSL 0390は、面ファスナーの下にシューレースを設計し、紐靴初心者にも安心できるイメージで設計されている。



税込4290円のラインでは、アパレルとリンクさせたシンプルなデザインを黒とグレーで表現したDSL0400を訴求していく。2022年春夏向けでも、このDSL0400をベースに素材で変化を付けたアイテムを加える予定。




関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP