shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年09月20日

Shoespost-online

2021年09月20日

【子ども靴特集 アキレス「ハイパージャンパー」】 “親も履きたくなるデザイン”を開発テーマにゴールデンエイジに訴求



アキレスが自社で独自に開発した、“衝撃が反発に変わる”進化系素材、ACROFOAM(アクロフォーム)をミッドソールに搭載したことで話題の「HYPER JUMPER(ハイパージャンパー)」。


ACROFOAMは、同社が一般的にミッドソールに使用しているEVAと比較して、反発弾性が約60%高いという反発性能が大きな特徴になっている。履いた瞬間から解る反発弾性があるうえ、衝撃吸収性や耐久性も高い優れた素材だ。



「ハイパージャンパー」がメインターゲットとするのは、小学生高学年から中学生。とくに小学校高学年は、神経系の発達が成人レベルに急激に近づく年齢層で、この時期に積極的に運動することで運動神経が発達し、身体能力が進化する、一生に一度の「黄金期(ゴールデンエイジ)」とも言われている。


「ハイパージャンパー」は、このゴールデンエイジをメインターゲットにしながら、“親も履きたくなるデザイン”を商品開発のテーマにしている。2020年7月の発売から、HYJ 0010とHYJ 0020を定番にするべく展開し、ダントツ人気のHYJ0010には、2021年春夏から学生が通学でも使いやすいブラック×ブラック、ホワイト×ホワイトを追加、さらに大人でも選びやすいグレーを加え、「HYPER JUMPER」の顔となるモデルとして、消費者に寄り添った提案を行っている。


2021年秋冬シーズンの新商品として提案したのは、HYJ 0050とHYJ 0060。HYJ 0050は、サイド部に透明なメッシュのパネルを設計し、透けて見えるソックスの色とのコーディネートも楽しめるようにしている。一方、HYJ 0060は、大人びたデザインのニットアッパーのミッドカットモデル。専用のカップインソールは、モールドと形状を合わせているので足あたりも良く、中学生だけでなく高校生もターゲットにできる商品に仕上げている。

【ハイパージャンパー】
HYJ 0050 6490円(税込)/アキレス独自の高反発素材、ACROFOAM搭載。19.0~28.0㎝(19.5、20.5、27.5㎝なし:3E)。左からブラック、イエロー、ブルー


【ハイパージャンパー】
HYJ 0060 7590円(税込)/アキレス独自の高反発素材、ACROFOAM搭載。19.0~28.0㎝(19.5、20.5、27.5㎝なし:3E)。左からブラック、オレンジ

販促面では、引き続き公式ウェブサイトやSNSを活用したプロモーションを展開していく。現在、公式サイトではスポンサー契約を結んでいる、人類初の「8重跳び」を目指すプロ縄跳びプレーヤー、森口明利(もりぞー)さんの8重跳びチャレンジの動画を公開。社会環境の変化で身体を動かす機会が減りつつある子どもたちに向けて、運動の楽しさと大切さをアピールしていく。



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP