shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年11月30日

Shoespost-online

2022年11月30日

ビルケンシュトック・ジャパン、2023年2月から自社での卸業務・小売店運営をスタート

ビルケンシュトック・ジャパンは11月11日(金)、2023年2月から自社による直接の卸売業務と小売店の営業を開始する、と発表した。


ビルケンシュトックは2016年5月、戦略的な重点市場である日本にオフィスを開設した。ビルケンシュトック・ジャパンでは、「ビルケンシュトックのグローバルの方向性を促進し、流通モデルを見直すとともに、卸売りとオンラインのバランスの取れた流通経路網を確立。また、eコマースを立ち上げ、グローバルの戦略に合わせた製品セグメンテーションを行い、戦略的に重要な卸売業者とのパートナーシップを強化してきた。取扱製品の幅を広げ、製品ポートフォリオを日本市場のニーズにより近づけることで、日本でのブランドイメージ再構築に成功した」としている。


2023年からは、卸売業務を自社で直接行う方式に変更し、さらにブランドの存在感と製品セグメンテーションの質を高めていく。主要な戦略的パートナーは今後、独創的なSMU(提携モデル)の確立や限定モデルの製造を行う上で、ビルケンシュトックとそのビジネスにとって、これまで以上に影響力のある役割を果たすことになる。


ビルケンシュトック・ジャパンは、自社直営店舗の営業も開始する。2023年2月に、初となるコンセプトストアを原宿にオープンする予定で、同年9月までに直営店を7店舗まで増やし、小売店ネットワークを刷新する。また、モノブランドショップおよび総合的なオンラインショップを通して、質の高い流通とD2C戦略の拡大を継続する。これらに伴い、ビルケンシュトックのフランチャイズパートナーであるベネクシーは、2024年9月までにモノブランドショップの営業を終了する予定。


ビルケンシュトックにとって日本は、特にファッションの領域においてブランドの地位を高めるために重要な市場。ビルケンシュトック・ジャパンは、アジア太平洋地域でオンショア事業をすべてのチャネルで直接運営する唯一の100%子会社であり、マネージングディレクター、ラウル・ウォートマン氏によるリーダーシップの下、来年にはチーム力をさらに強化し、上記戦略の充実に力を注いでいく。流通の質をさらに高めるための新たなステージに進むビルケンシュトック・ジャパンは、日本市場のすべての側面を自ら管理し、D2Cビジネスを強化していく。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP