shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年04月15日

Shoespost-online

2024年04月15日

プーマジャパン、「プーマ」ブランド設立75周年キャンペーンの一環として国立代々木競技場第二体育館でランウェイショー



プーマは、ブランド設立75周年に合わせ、年間を通してブランドのマントラである「Forever.Faster.(フォーエバー.ファスター.)」を伝えるキャンペーンをグローバルで展開している。


プーマジャパンは3月10日(金)、75周年キャンペーンの一環として国立代々木競技場第二体育館で、プーマのPAST(過去)・PRESENT(現在)・FUTURE(未来)をテーマに、ファッションと音楽を融合したショー「PUMA 75th Anniversary “Forever.Faster.” THE SHOW(プーマ75th アニバーサリー “フォーエバー.ファスター.”ザ ショウ)」を開催した。


ランウェイショーには、スペシャルゲストとして、プーマ契約アスリートのサニブラウン・ハキーム選手、B-BOY TAISUKE(たいすけ)さん、三浦孝太さんなどが出演し、自身の競技にちなんだオリジナルパフォーマンスをランウェイで披露した。ランウェイショーは、世界のファッションの第一線で活躍するスタイリスト Shun Watanabe(シュン ワタナベ)氏が全体を監修し、「①PAST②PRESENT③FUTURE」というテーマ・構成のもと、スタイリングのディレクションを行った。ショーのルックは、2023年春夏シーズンのアイテムを中心に構成し、プーマが歩んだ75年の歴史を現代に解釈し、プーマの未来を表現したスタイルを提案した。


PASTのパートでは、「プーマ」を象徴するトラックスーツ“T7(ティーセブン)”を余すところなくアレンジし、加工を施した重ね着を駆使し、“侍”や“忍者”のコーディネートを日本独自の要素として取り入れたスタイリングを提案。足元には、プーマの名作である「PUMA SUEDE(プーマ スウェード)」や「PUMA CLYDE(プーマ クライド)」などを取り入れた。なかでも、アーティストのデビット・スタンリー・ヒューエット氏とのコラボレーションであるシューズ「Golden Clyde(ゴールデン クライド)」 や ストリートブランドとして絶大な人気を誇る BlackEyePatch(ブラックアイパッチ) とのコラボレーションであるT7もショー限定のアイテムとして披露された。


②PRESENTのパートでは、「Palomo Spain(パロモスペイン)」を始めとしたグローバル展開のコラボレーションアイテムから日本独自のコラボレーションアイテムまでを取り入れ、過去から未来へ繋げるシーンとしてスタイリングを提案。このパートには、スケーターの戸倉万汰廊さん、有馬昂希さん、根岸空さんがモデルとして出演し、ランウェイをスケートボードで乗りこなす演出で会場を魅了。


そして③FUTUREのパートでは、インラインアイテムをアレンジしながら、前衛的なヘッドピースやネイルなどを取り入れ、プーマの未来を想起させるようなスタイリングを提案。冒頭には、サニブラウン・ハキーム選手が登場し、ランウェイを疾走するという演出で会場を沸かせた。


フォトコールには、窪塚洋介さん、トリンドル玲奈さん、貴島明日香さん、三浦翔平さん、高橋メアリージュンさん、西内まりやさんといった豪華ゲストが来場、スニーカーやスウェット、トラックパンツなどを取り入れた最旬のスポーツミックスコーディネートを披露した。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP