shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年02月25日

Shoespost-online

2024年02月25日

「ナイキ」から駅伝ランナーをサポートするEKIDEN PACKコレクション



ナイキジャパンは、「ナイキ」から2023-2024年の駅伝シーズンに向け、シューズとアパレルからなる「EKIDEN PACK」コレクションを、12月1日にナイキのナイキメンバー先行で、NIKEアプリ、NIKE.COM、NIKE 直営店で発売し、12月8日からはその他の販売店などで順次発売される予定。今回のコレクションは、レース当日に着用するレーシング フットウェアや、日々のトレーニングで活躍するフットウェア、およびアパレルで構成されている。


陸上部のコーチとアスリートによって創設されナイキは、ランニングに深いルーツを持っている。今日でも、ランニングはナイキの根源であり、駅伝シーズンは、アスリートがパフォーマンスの限界を超え、ランニングが世界を前進させる力を持っていることを示してくれる、日本で最も刺激的なスポーツシーズンのひとつ。


創業当時から変わらず、ナイキは、常にアスリートの声に耳を傾け、ランナーのパフォーマンス向上を目指してプロダクト開発をしているが、日本の駅伝ランナーも例外ではなく、今回の「EKIDEN PACK」には、秋の駅伝シーズンから新年に向け、多くのランナーが駆け抜けるレースに向けたデザインが施されている。


ナイキのレーシングシューズの速さを象徴するようなピンクとボルトカラーを使ったデザインで、それぞれのプロダクトには駅伝からインスピレーションを得たさまざまなグラフィックが施されている。


「EKIDEN PACK」のフットウェアは、レース本番用から日々のトレーニング用までの幅広いモデルで構成されている。レース本番シューズとしては、これまでのランニングの常識を大きく変え、さまざまな記録を打ち立ててきた「ナイキ アルファフライ 2」(税込4万150円)と「ナイキ ヴェイパーフライ 3」(税込3万6850円)には、ピンクとボルトの左足と右足で異なるカラーが採用されている。


速さと耐久性に優れ、トレーニングなどで着用するための「ナイキ ズーム フライ 5」(税込2万900円)、さまざまなレベルのランナーに対応し、日々の練習にも適した「ナイキ ペガサス 40」(税込1万7600円)、そして、柔らかいフォームとズーム エア ユニットを搭載し、反発性にも優れ、トレーニングやレースに最適な「ナイキ ライバル フライ 3」(税込9900円)などの、幅広いランナーのニーズに寄り添ったシューズが含まれている。アパレルは、パッカブルジャケットとTシャツが展開され、これらのアパレルもシューズと同じグラフィックが使われ、駅伝の襷をイメージしたラインやリフレクターを使ったデザインが施されている。


また、今回の「EKIDEN PACK」のクリエイティブには、駒澤大学陸上競技部の篠原倖太朗選手、中央大学陸上競技部の吉居駿恭選手、東海大学陸上競技部の兵藤ジュダ選手、東洋大学陸上競技部の梅崎蓮選手、明治大学体育会競走部の杉彩文海選手、名城大学女子駅伝部の谷本七星選手、米澤奈々香選手、薮谷奈瑠選手が登場している。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP