shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年04月13日

Shoespost-online

2021年04月13日

「デサント」ランニングにフルマラソンにも対応するDELTA LDが新登場



グローバルプロジェクトから生まれた長距離用の勝負シューズ


デサントジャパンは、新しいランニングシューズ「DELTA LD(デルタ エルディー)」を新発売した。DELTAは、「デサント」ブランドのアパレルでスイスやイギリスのトライアスロンチームをサポートしていることを土台に、グローバルプロジェクトで開発を進めているシリーズ。トライアスロンにおいて、スイム、バイクの後、疲れている状態で臨むランニングでストライドが狭くならないようにする機能を付加したシューズの開発がベースになっている。


2019年11月、DELTAシリーズ第1弾として発売されたDELTA TRI OP(デルタ ティーアールアイ オーピー)は、トライアスロン競技でのラン(10㎞)を走るのに特化するという「ニッチのなかの究極を求めた」シューズ。疲れると狭くなりやすいストライドが維持できるように、織物をベースに加工した特殊プレートを配し、それを活かすための衝撃吸収性と反発性を兼ね備えるミッドソールを合わせた“DELTASYSTEM(デルタシステム)”を搭載する。


そして今回、新たに商品化されたのがDELTA LD。トライアスロン競技で42.195㎞のランがあるアイアンマンレースにも対応でき、トレーニングからフルマラソンにも使える長距離用モデルとして誕生させた。サイズ展開は22.5~28.5㎝。カラーはネイビー/レッド、ブラック/ソレイユオレンジ、レッド/ホワイトの3色で、価格は1万7600円(税込)。


DELTASYSTEMで疲れた足をアシスト、絶妙なフィット感を生み出す


デサントジャパン デサントマーケティング部門デサントマーケティング1部フットウェア課の林亮誠さんはDELTAシリーズ、そしてDELTA LDの開発経緯について次のように語る。

「DELTAシリーズの開発の根幹にしているのは、このシューズを使うアスリートのニーズを徹底的にピックアップすること。DELTA TRI OPの商品化の際にもアンケートから得られる情報を積み上げ、機能をデザインで可視化することに努めました。シューズのデザインから入るのではなく、排水や足あたりの良さ、フィット感などを突き詰めていった結果が形になる、というイメージです」


「アスリートから寄せられたシューズに求められる機能ポイントは、①疲労状態のなかでランニングをアシストして欲しい、②クッション性と反発性の両方の機能が欲しい、③ランニング中の足への負担を軽減したい、④アッパーにサポート性、フレキシブル性が欲しい、という主に4つのポイントに絞られました。


とくに“疲れた時にアシストしてほしいが、走り方は変えたくない”“少しの断裁や縫製が裸足で履く際や長距離のレースの際に、あたりとして気になる”という意見が多く出ました。そこで、DELTA LDの開発にあたってこだわったのが、上記の2つの要望を解決するための新しいソール構造とアッパー構造です。


衝撃緩衝材と特殊プレート、硬度の異なるEVAによるデサント独自開発のDELTASYSTEMを搭載

まず、織物ベースの特殊プレートをインソールボードの下に挿入し、その下は硬度の異なる素材を組み合わせた2層構造のミッドソールを配置したDELTASYSTEMにより、溜めた力を弾いて高い推進性を発揮させるとともに、前足部は反発性、後足部は安定性を生み出す機能を持たせました。ソールは厚くしていませんので、走り方を変える必要もありません。一方、アッパーはシューズ内側の段差を極力排除しました。これはDELTA TRI OPから受け継いだ構造で、DELTA LDについては3層構造にすることでサポート性とフレキシブル性を確保しています」

トライアスロン競技でのシューズの履き替え時間のロスを減らすバックタブを搭載。指を引っ掛けられるので素早く履き替えられる


アウトソールの裏には浸入した水をより早く排出するための排水用の穴を設計している



「DELTA LDの開発については、DELTA TRI OPを発売した時には、すでにスタートしており、DELTA TRI OPに搭載した機能を踏襲しつつ、42.195㎞を不快感なく走れ、パフォーマンスに集中できるシューズに仕上げました。事前のアスリートやインフエンサーの試履き会では“フィット感が絶妙”という声をいただいています」


日常生活にも取り入れられる“アーバンランニング”のコンセプトを導入


「デサント」ブランドのアパレルは、パフォーマンス性に優れるアイテムの実績が高いうえ、“オルテライン”を始めとしたファッション性の高い商品レンジの認知度も高い。そこでDELTA LDの展開にあたっては、スタイリッシュな中にも快適に走るための機能を備える“アーバンランニング”という日本独特のコンセプトを導入しており、カラー提案もシンプルにまとめている。


トライアスリートやランナーがレースで使える性能を持ちながら、アスリートのニーズを吸い上げた結果生まれた機能美を身に着けることで、日常生活にも取り入れられるスタイリングを兼ね備えるランニングシューズが誕生した。このDELTA LDは、2月初旬から同社直営店およびスポーツ量販店などでの販売が順次スタートしている。

DELTA TRI OP 1万9800円(税込)/究極のトライアスロンシューズ。発売中




関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP