shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年05月27日

Shoespost-online

2024年05月27日

「オールバーズ」からブランド史上 最軽量・最低炭素排出モデル「スーパーライトウールランナー」が登場――秋に適したメリノウールをアッパーに採用



オールバーズは、「Allbirds(オールバーズ)」から、史上最軽量で最も低炭素な「SuperLight Wool Runner(スーパーライトウールランナー)」を10月24日(火)に発売する。


2022年4月に発売した「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」によるアディダスとのパートナーシップから学んだことを活かし、あらゆる面で軽く、丁寧に作られた「SuperLight(スーパーライト)」シリーズに、メリノウール バージョンが登場する。


このスーパーライトシリーズは、硬式野球ボールやスマートフォンと同程度の重量となり、これまでにオールバーズが単独で製造販売したシューズの中で最も軽量。またそれだけでなく、カーボンフットプリントも最も低いシューズになった。これは、インド産トウゴマから作られたバイオベース素材に、窒素を注入することによって完成する「SuperLight Foam」によるもの。


スーパーライトウールランナーは、アッパーに高度な技術で農地管理され、環境負荷を抑えた再生型農業で生産されたメリノウールのみを使用。地球環境にも、足への負荷も低い、新しい履き心地を提供する1足になっている。


ミッドソールには、 サトウキビ由来のグリーンEVAを使用した「SweetFoam」の改良版となる非常に軽量な「SuperLight Foam」を搭載している。


サイズは22.0〜32.0㎝、カラーは3色展開で、そのうちナチュラルホワイトのみ12月に発売予定。価格は1万6500円(税込)。


取扱店舗はAllbirds 原宿、Allbirds 丸の内、Allbirds大阪、公式オンラインストア。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP