shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年10月28日

Shoespost-online

2021年10月28日

「ザ・ノース・フェイス」が靴箱をアップサイクルするイベントを直営店で開催――段ボールアーティスト島津冬樹氏とともに

島津冬樹氏とUPCYCLE STAND



ゴールドウインが展開する「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」は、段ボールアーティストの島津冬樹氏とともに、シューズ購入後に不用となる段ボール製のシューズボックスを利用し、ハンドバッグやカードケースを作製する参加型インスタレーション「Think out of the box ― UPCYCLE STAND TOUR」をTHE NORTH FACEの一部直営店限定で開催する。


このイベントは、7月15日(木)にTHE NORTH FACE ALTERから始まり、8月7日(土)からTHE NORTH FACE+ サッポロファクトリーで、9月18日(土)からはグランフロント大阪で、10月23日(土)からはキャナルシティ博多の4店舗で実施、10月末までの約3カ月半をかけて巡回する。このイベントを通じ、ゴールドウインが目指す循環型社会の実現に向け、リサイクルや不用品回収に留まらない新たなアップサイクルの在り方を提案する。


島津氏は、世界35カ国以上におよぶ旅の中で、世界中の至るところで使用されている多種多様なデザインのダンボールを収集し、財布を始めとするさまざまなアイテムに生まれ変わらせてきた。


今回のイベントでは、「THE NORTH FACE」のシューズボックスのデザインに合わせたパターンを抜き出すことのできる、 島津氏がオリジナルで作製した特別なプレス機を使用する。4種類の段ボールアイテムの中から、好きなものを選び無料で作ることができる。不用となったシューズボックスに、新たな役割を与えるワークショップを楽しみながら、身の回りにあるものの価値を考え直すきっかけ、環境配慮への気付きのきっかけにしていく。


ゴールドウインは、「スポーツを通じて、豊かで健やかな暮らしを実現する」という企業理念のもと、製品の素材を持続可能な資源へと転換し地球環境を改善することを目指している。


2015年からバイオベンチャー「Spiber(スパイバー)」と共同で構造タンパク質素材の研究を進め、2019年には構造タンパク質素材「Brewed Protein(ブリュード・プロテイン)」を使用したTシャツならびにアウトドアジャケットを、2020年にはウールとBrewed Proteinを混紡したセーターを発売。


2030年には同社製品のおよそ9割をこのBrewed Proteinを始めとする環境配慮型素材に切り替えていくことを掲げている。加えて、2008年からスポーツ用品メーカーとして環境のためにできることを、「GREEN IS GOOD(グリーンイズグッド)」のコンセプトにまとめ、「GREEN MATERIAL(選んで使う)」、「GREEN CYCLE(繰り返し使う)」、「GREEN MIND(大切に使う)」をキーワードに、製品づくりから回収・再生の各段階で循環型社会に向けての取り組みを実践している。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP