shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年04月17日

Shoespost-online

2024年04月17日

コロンブス、伝統の「靴みがき入社式」を5年ぶりに開催――靴みがきを理解し、コミュニケーションもはかる

アドバイスをもらいながら先輩社員の靴を磨く新入社員

コロンブスは4月1日(月)、1971(昭和46)年から行っている同社の伝統行事のひとつである「靴みがき入社式」を本社2階のショールームで開催した。


この行事は、新入社員が先輩に靴を磨いてもらい、次にその技術を学んだ新入社員が先輩の靴を磨くもので、同社の代表商品である靴クリームについて、新入社員が理解することを目的にしている。また、働き方改革などによるリモート化などで社員同士が顔を合わせる機会が少なくなるなか、先輩社員とのコミュニケーションをはかることも意図している。


靴みがき入社式は、コロナ禍で2019年を最後に休止していたが、今年は5年振りに復活した。48回目の開催となった今年は、この行事がなかった4年間に入社した社員6人と、今年4月入社1人の合わせて7人が参加した。新入社員は、同社カラリストの三橋弘明さんから靴磨きの基本5工程のレクチャーを受けた後、まず先輩社員から靴を磨いてもらい、次にアドバイスを受けながら先輩社員の靴を磨いた。


服部暁人社長「心もみがき、自分自身を成長させてほしい」


服部暁人社長は、靴みがき入社式前に行われた2024年度新入社員5人を前にした訓示で、次のように述べた。「企業であるからには、収益を求めていくことはもちろん、一社会人としてしての成長も期待している。当社の実質の創業者である服部洌会長の言葉に、『靴をみがき、腕をみがき、心をみがく』がある。心をみがくとは、技術力だけでなく自分自身を成長させるということ。そして成長した皆さんの営業活動やモノづくりは、必ずお客様のもとに届く。先輩社員に倣い、一社会人として、また世の中を動かしていく人材としての成長を願っている。一人でも多くのお客様に靴みがきの素晴らしさ、楽しさを広め、“小さな輝きを大切にする”を届ける企業でありたいと考えている。ぜひ皆さんには、これから力を貸していただきたい」

今年度の新入社員を前に訓示を述べるコロンブス服部暁人社長

続いて先輩社員を代表して、2020年入社で海外部所属の石巻玄さんが歓迎の言葉を述べた。石巻さんは、後輩社員に届けたい言葉として『与えられた環境でベストを尽くせ』を挙げ、「これは高校時代に野球部の監督にことあるごとに言われた言葉。当時は、深く理解できていなかったが、今はとても大切にしている。社会人になると、不平不満を言いたくなる時もあるが、この環境を選んだのは自分自身であり、この言葉を胸に仕事に取り組んできた。皆さんも社会人になって大変なこともあるだろうが、その際には自分が選んだ道を信じて、ベストを尽くして社会に貢献できるビジネスパーソンになってほしい」と述べた。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP