shoespost

 

 

Shoespost-online

2024年02月29日

Shoespost-online

2024年02月29日

「プーマ」から世界のサッカープレーヤーの足元を支え続けたKINGを進化させた「PUMA KING ULTIMATE」――堂安律選手も着用

堂安律選手

プーマ ジャパンは、半世紀に渡り世界のトッププレーヤーの足元を支えてきたプーマを代表するサッカースパイク、KING(キング)をアップデートした「PUMA KING ULTIMATE(プーマ キング アルティメット)」を、3月2日(木)から発売した。このモデルは、堂安律選手やパリを目指す次世代の選手の着用が予定されている。


KINGは、ディエゴ・マラドーナやペレなどの伝説的なプレーヤーが着用し、数十年にわたりサッカー界を席巻してきたモデル。「PUMA KING ULTIMATE」は、ボールタッチやフィット感、耐久性のテストにおいて、従来のKINGに採用されていたカンガルーレザーより優れた非動物性の新素材「K-BETTER(ケー ベター)」を採用し、最新のテクノロジーとともに新たに生まれ変わった。また、アッパーには、20%以上のリサイクル素材が使用され、環境にも配慮している。


新素材の「K-BETTER」は、不織布からなる合成繊維を絡め合わせたようなつくりにすることで、天然皮革の構造に近いフィット感を生み出し、今までにはない強度も併せ持つことが可能になった。また、従来のKINGに採用されていたカンガルーレザー同様の柔らかさを持ちながらも、保形性やフィット持続力、ボールコントロール性が高いことも特徴。


加えて、アッパー表面に水分を含みにくくする加工を施すことで、試合終盤までスパイクの軽量性を維持できる。履き口周りには、「Evo Knit(エボ ニット)」素材を採用し、より高いフィット感を実現させるためにシュータン構造ではなくソック構造を採用している。


さらに、アウトソールにはまったく新しいソールユニットを採用。高反発特殊素材を加えた軽量アウトソールで、 丸形のスタッドはさまざまな方向の動きにグリップ力を発揮し、機動性を高める。また、中足部に配置されたシャンクが中足部のネジレを抑制し、力の分散を抑える効果ももたらす。価格は2万4200円(税込)。


堂安律選手は「PUMA KING ULTIMATEは、カンガルーレザーのようなフィット感、ボールタッチ感がありながら、とにかく軽くて、靴の中でブレない。強度の高いプレーにも90分以上しっかりついてきてくれる、今までのスパイクになかった新しい感覚がある。個人的に、スパイクはその時のサッカーのトレンドや自分自身が求められるプレーに合わせてチョイスをしてきたので、いま僕が成し遂げていきたいスタイルとしっかりマッチしていると思う。そして、かつてのレジェンドたちが履いてきたスパイクを履いて新しいチャレンジができることにワクワクしている。これからはスパイクの名前の通り、僕自身が新しいキングになって日本を背負っていきたい。やっぱり僕は自分自身をフィニッシャーだと思っているので、一瞬で雰囲気を変えて、チームに勢いを持たせられる選手になっていきたい」とコメントしている。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP