shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年08月01日

Shoespost-online

2021年08月01日

連載【いちがいもんの独り言㉟】 「身近な自然を楽しむ『散策お勧めマップ』を作ってみよう!」



近くにある蔵王山という低山に登って(歩いて)きました。久々でした。普段、ウォーキングやスロージョギングをしても筋肉痛にはならないのですが、蔵王山に登った翌日は、臀部や内腿の筋肉が心地良い筋肉痛になりました。普段の平らな道ではあまり使えていない筋肉を使い、緑の中を歩くのは心も体もとても気持ち良いです。


ヒマワリの種などを持っていくと、ヤマガラという野鳥が手のひらに乗ってきます。あと、猪の蹄の足跡もそこら中にあり、ガサガサ音がするとスリルもあります。別の山道では何度も猪に遭ったので、それからは熊避けの鈴を鳴らして、「ここに居るから来ないでよ!」と、アピールをしています。


ちょっとだけ歩くつもりだったので、妻はスポーツシューズでした。かなり歩きにくかったようです。ロケーションが良いと、ついついたくさん歩きたくなるので、念のためソールの意匠と靴の硬さは気をつけた方が良いと思います。


逆に、低山でも縦走用のハイカットの重い登山靴でハイキングをしておられるご年配の方たちを、よくお見かけします。トレーニングのため、あえて重装備という方もおられると思いますが、過ぎたるは及ばざるが如しで、靴も適材適所で履き分けてほしいですね。


コロナ禍で運動不足と憂鬱にならないように、お客様に身近で自然がある所を探して散策するようお勧めしてはいかがでしょう。


よし、販促ネタと運動を兼ねて、いろいろ歩き回って、その気になる写真も載せて、「散策お勧めマップ」を作ってみよう。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP