shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年07月27日

Shoespost-online

2021年07月27日

コロンブス、99.9%植物由来の毛材を使用したケア用ブラシ「ボタニカルブラシ」発売



コロンブスは、99.9%植物由来の毛材を使用した皮革製品のケア用ブラシ「ボタニカルブラシ」を7月21日に同社オンラインショップで先行販売する。価格は7700円(税込)。


ブラシの多くは、豚毛や馬毛などの獣毛または石油由来の化繊毛が使われているが、ボタニカルブラシは、ひまし油を原料としたバイオマスプラスチックを毛材に用いた99.9%植物由来の化繊ブラシ。


ひまし油は、トウゴマという植物の種子から抽出される植物油の一種で、古くから医薬品や化粧品などの用途で利用されてきた。枯渇が心配される化石資源とは異なり、再生可能な資源穀物を原料とすることで、「安定した品質」の毛材供給を未来まで持続させることができる。また、バイオマスの持つカーボンニュートラル性から、同製品が役目を終え、焼却処分された場合でも、大気中の二酸化炭素濃度の上昇を抑制できるというメリットがある。


ボタニカルブラシの毛材は日本バイオマスプラスチック協会(JBPA)認定素材となっている。(登録番号:343)


高い機能性と使い心地を実現するため、化粧用の筆として知られる「熊野筆」の製法を採用。広島県安芸郡熊野町でひとつひとつ丁寧に手作りしており、皮革製品のホコリ落しや仕上げに最適なバランスで設計している。


「太くて短い毛」、「極細で長い毛」の2種類の毛材をバランスよく植え付けることで、ブラッシング時には太い毛が極細の毛を支える動きをし、柔らかい感触と適度なコシが両立。化繊ブラシながら、獣毛ブラシ特有の使用感に近づけることができた。


持ち手には、広島県産ヒノキを使用し、持ちやすくブラッシングしやすい形状を取り入れている。


コロンブスは今後のサステナビリティ活動について、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP