shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年05月14日

Shoespost-online

2021年05月14日

ムーンスター、女性農業者の声を反映したワークシューズ「realiserⓇ(レアリゼ)」を開発

ムーンスターは、女性農業者向けワークシューズ「realiserⓇ(レアリゼ)」 を開発、全国の靴専門店やホームセンター、アパレル雑貨店、EC販売サイト、ムーンスター公式オンラインショップなどで3月から発売している。


レアリゼは、女性農業者、大学生、企業がプロジェクトチームをつくり、女性農業者のニーズに応える商品の開発を推進する福岡県の「女性がいきいきと働く環境整備事業(商品開発)」にムーンスターがプロジェクト企業として参画することにより、開発された。


福岡県の「女性がいきいきと働く環境整備事業」は、女性農業者が営農・生活で使用する農業機械、洗剤・化粧品、作業着などの商品について、女性のニーズを企業のシーズと結びつける場を提供し、女性農業者と企業が協働して新商品の開発を目指すプロジェクトを実施することを目的としている。ムーンスターは、新たなカテゴリー構築のためにもプロジェクト企業として参画することを決めた。



開発のコンセプトは「気持ちがアガる靴」

2019年6月に女性農業者、女子大学生、ムーンスターのプロジェクトチームを発足し活動をスタートした。圃場(ほじょう・農作物耕作地)や農業用品を販売するホームセンターを調査、女性農業者へアンケート実施から始めた。


プロジェクトメンバーの女性農業者が作業靴をよく購入しているというホームセンターを調査すると、女性向けの商品はごく少数で、ほとんどが男性向け商品の小サイズ版でカラー展開も少ないことがわかった。

ムーンスターが19年7月23日~8月30日に20~70代の女性農業者へ実施したアンケート結果。調査方法はアンケート用紙へ記入してもらい回収

また、アンケートでは、作業時に長靴を履く人が多いことがわかり、プロジェクトメンバーからも農作業において水場は切っても切り離せない環境であるとの声を聞き、長靴はマストアイテムとなった。ロングタイプだけではなく、夏場のムレ解消と見た目のかわいらしさを求め、ショート丈もラインアップに加えた。さらに、平たんな生産現場だけではなく、果樹園やたけのこなど山あいの傾斜のある足場で活用できる靴にも着目し開発を進めた。


商品テーマは、プロジェクトに参画した女性農業者の「農業って実はすごく孤独な作業。出荷する生産物の形や重量を黙々と揃える作業や、圃場の環境整備など・・・。そんな中で、身につけるものにかわいらしいポイントがあると気持ちも上がり、その日 1日頑張るモチベーションになる」という発言が決め手となった。


これにより、日々の孤独ともいえる作業でも足元から楽しさと快適さをサポートし、履くと「気持ちがアガる靴」をコンセプトに開発を進めた。そして、明るいカラー展開とかわいらしいフォルムで、売り場には「華やかさ」を、女性農業者へは「選ぶ楽しさ」を提供する靴にすることもテーマのひとつにした。


そして、「機能性」と「デザイン性(オシャレ)」の両方を備え持った女性農業者向けワークシューズのレアリゼが誕生。レアリゼとは、フランス語で“実現させる”“成し遂げる”という意味で、自分のなりたい姿、スタイルを実現させるための1足になってほしいという願いを込めている。


女性農業者の意見を取り入れ開発した3つの快適機能


レアリゼには、①波底意匠と薄目のソール②3層構造の低反発ソール③Ag+抗菌防臭――の3つの快適機能が標準装備されている。

アウトソールは、耐摩耗性を維持しつつも、ジャガイモなど土中の生産物を収穫する際、足裏で確認しやすくするため、大地を捉えやすい裸足感覚を意識し薄めに設定。泥が詰まりにくい波底意匠が、畑の畝などの複雑な形状の地面をしっかりとグリップする。また、作業中に農業用マルチシートが破れにくいよう、アウトソールは角のない丸みがある形状を取り入れた。


インソールは、吸湿速乾トリコット、低反発ウレタンフォーム、衝撃吸収EVAの3層構造でフィット性とクッション性に優れ、長時間の作業の足元をサポート。インソールは、取り外し可能のため洗うことができ、清潔に保てる。また、Ag+抗菌防臭加工を施しているため、銀イオンの抗菌作用でニオイのもとになる菌の増殖を抑制し、防臭効果を発揮する。


使用シーンに合わせた商品提案


レアリゼは、使用シーンに合わせた機能を搭載した、長靴タイプ(MS RLS01)、ショートブーツタイプ(MS RLS02)、クロスバンドタイプ(MS RLS03)の3型をラインアップ。


畑仕事や水回り作業に適した長靴タイプは、胴部分は柔らかくしなやかに設計しているため、しゃがんだ作業でも快適に使用できる。価格は5390円(税込)。サイズは21.0~26.0㎝(ハーフサイズなし)。カラーはオーシャン、ソイル、コーラル、ミントの4色展開。


MS RLS01 5390円(税込)/カラーはオーシャン、ソイル、コーラル、ミントの4色展開。サイズ21.0~26.0㎝(ハーフサイズなし)

ショートブーツタイプは、サイドゴア仕様で着脱しやすくガーデニングなど軽作業向き。 価格は4950円(税込)。サイズは21.0~26.0㎝(ハーフサイズなし)。カラーはアッシュ、ピンク、ソイル、モスの4色展開。


MS RLS02 4950円(税込)/カラーはアッシュ、ピンク、ソイル、モスの4色展開。サイズ21.0~26.0㎝(ハーフサイズなし)

そして、山あいの斜面を活用した果樹園などでの作業に適しているクロスバンドタイプは、足先から足首までバンドでしっかりホールドした仕様で、斜面の上り下り、木登りなどの作業に使用できる。価格は4950円(税込)。サイズは21.0~26.0㎝(ハーフサイズなし)。カラーはリーフ、アッシュの2色展開。


MS RLS03 4950円(税込)/カラーはリーフ、アッシュの2色展開。サイズ21.0~26.0㎝(ハーフサイズなし)

これらのアイテムは、農作業以外でも水場のある動物園、水族館、花屋などでの仕事履きやガーデニング、キャンプ、フェスなどのアウトドア履きとしても最適。また、近年増えている風水害時での着用など様々なシーンで活用できる。



試し履きをした女性農業者の声


開発にあたり、2020年2月から同年9月にかけて実際の女性農業者が計3回試作品を試し履きした。使用感をフィードバックし、底ゴムのラバー配合やクロスバンドの巻き位置の調整など試作を重ねた。



「女性農業者の毎日に少しでも寄り添える靴に」との想いを込めて

開発を担当したムーンスターの牟田さん(㊧)とレアリゼのショートブーツタイプ(MS RLS02)の試作品を着用したアスパラガス農家のTさん

今回、レアリゼの開発を担当したムーンスター商品開発課の牟田祥一さんは「農業のプロの皆様との共同開発ということで、見た目のデザイン性はもちろん機能性にも 100%納得していただけるよう臨みました。メンバーの皆様とは、コミュニケーションを大切にし常に同じ目線でプラス要素をお互いに抽出し合いながら進めることができたと思っています。商品テーマのきっかけになった女性農業者の一言が今でも印象に残っています。皆様の毎日に少しでも寄り添える靴になることを願っています」と話す。



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP