shoespost

 

 

Shoespost-online

2021年06月18日

Shoespost-online

2021年06月18日

【子ども靴特集 アキレス「瞬足」】子ども達の様々な生活シーンを幅広くサポートするブランドとして拡大はかる

今年、ブランド誕生18年目を迎えるアキレスのジュニアスポーツブランド「瞬足」。子どもの足の機能を育てる“足育”思想に基づいた機能性や、子ども達のウォンツに応えた斬新な商品提案が好評で、シリーズ累計7200万足を突破した。


21年春夏に向けては、前シーズンに引き続き、子どものライフスタイルの多様化に対応するため、子ども達の着用シーンを意識した商品開発に注力した。デザイン面では、店頭で好評なアイテムを分析し、子どもに人気の高いカラーやデザイン傾向を踏まえ、さらにグレードアップさせたものを提案している。


また親へのアプローチとして、瞬足の多くの商品に抗菌・防臭のインソールを採用したほか、デザイン面では「SL BY SYUNSOKU」シリーズで、洋服に合わせやすいシンプルなデザインを提案し、親にも子どもにも好まれるような商品開発を推進した。


このほか、新たなターゲットへの提案として、ベビーに向けて「瞬足足育ベビー」が復活したほか、アキレス独自の抗ウイルスソールを採用した商品提案を行うことで、子ども達の様々な生活シーンを幅広くサポートするシューズブランドとして瞬足の拡大をはかっている。


販促面では、店頭販促の強化や公式ウェブサイトの充実に加え、インスタグラムを活用したプロモーションに注力。消費者に直接、瞬足の最新情報を発信するほか、ユーザーとのコミュニケーションをはかっていく。


【瞬足(男児向けアイテム)】

“弾むような走り”をサポートする「HISTORM(ハイストーム)」がデビュー



男児向けの注目の新製品は、“弾むような走り”をサポートする「HISTORM(ハイストーム)」。“空力(くうりき)RUN”をキャッチコピーに提案したHISTORMは、過去に発売し人気を集めた「SYUNSOKU STORM(シュンソク ストーム)」、「STORM MAX(ストーム マックス」に続くストームシリーズ第3弾モデルとなる。


ミッドソールを横に貫通する中空構造の新ストームホール、そしてサクション構造の採用により、軽量化を実現するとともに着地時の衝撃を吸収し、子ども達の弾むような走りをサポートしている。また、左右非対称のアウトソールには、スタートや直線での蹴り出しをサポートする大型のダッシュスパイク、さらにコーナリングでグリップ力を発揮する縦溝意匠を採用し、幅広い走りに対応した。中敷は、履き心地にも優れ、取り外し可能なカップインソールを採用。インソールには抗菌防臭加工を施している。



ラインアップは1型3SKUで、アッパーには足当たりのよいシームレス素材を採用し“空力RUN”を印象付ける転写プリントで躍動感あふれるデザインに仕上げた。サイズはチャイルドからジュニアまで幅広い年齢層の子ども達に履いてもらえるよう16.0~25.0㎝(ハーフサイズあり)まで用意した。価格は3850円(税込)。

【瞬足】 左SJJ 9290(黒マルチ) 3850円(税込)/CODE ZERO。サイズ16.0~25.0㎝(ハーフサイズあり)、中央SJJ 9310(黒) 3850円(税込)/SYUNSOKU SHIELD。サイズ16.0~25.0㎝(ハーフサイズあり)、右SJJ 9280(ブルー) 3850円(税込)/HISTORM。サイズ16.0~25.0㎝(ハーフサイズあり)

このほか、「SYUNSOKU SHIELD(シュンソク シールド)」や「CODE ZERO(コード ゼロ)」など定評のあるシリーズは、子ども達に人気の高いブルーやブラックのカラーを意識的に取り入れた新製品を提案している。


【瞬足(女児向けアイテム)】

女の子のファッションニーズに応えた“カジュアル”と“スポーツ”のデザイン提案に注力

瞬足の販促ビジュアル

「瞬足」(女児向け)は、21年春夏シーズンも女の子のファッションニーズにこたえた多彩なラインアップを展開していく。今回は、“カジュアル”と“スポーツ”の大きく分けて2タイプのデザインを提案。

【瞬足 カジュアルデザイン】左LEJ 6980(ラベンダー) 4070円(税込)/タテノチカラ4。※実際の商品とチェックパーツの仕様が異なります。サイズ19.0~24.5㎝(ハーフサイズあり)、中央LEJ 6950(黒) 3850円(税込)/SYUNSOKU BIT。サイズ16.0~24.5㎝(21.0㎝までハーフサイズなし)、右LEC 6960(ミント) 3630円(税込)/ULTRA WIDE。サイズ15.0~23.0㎝(ハーフサイズあり)

カジュアルは、シンプルなデザイン、カラーリングを取り入れ、お出かけにも使用しやすいシューズに仕上げた。一方、スポーツは、キラキラ素材を採用した子ども好みのデザインやスポーティーなカラーリングを取り入れたアイテムを企画している。

【瞬足 スポーツデザイン】LEJ 6990(黒、サックス) 3850円(税込)/CODE ZERO。サイズ16.0~24.5㎝(ハーフサイズあり)

今回、カジュアルデザインは「タテノチカラ4」や「ULTRA WIDE(ウルトラワイド)」、「SYUNSOKU BIT(シュンソク ビット)」などの新製品に、スポーツは「CODE ZERO(コード ゼロ)」や「Hi-STANDARD(ハイ スタンダード)」などの新製品にそれぞれ取り入れた。


【瞬足 抗ウイルス】

アキレス独自の抗ウイルスソールを採用したシューズを新発売

【瞬足】HIS 9510(ピンク、黒) 4290円(税込)/抗ウイルスモデル。国産 INJ。サイズ15.0~19.0㎝(ハーフサイズなし)

アキレスは、新型コロナウイルスの影響による新たな生活習慣に合わせて、「瞬足」からアキレス独自の抗ウイルスソールを採用したモデルを4月に発売する。(商品詳細はこちら


アイテムは、アッパーにニット素材を使ったスポーツスタイルのデザインを採用した1型4SKUを用意。価格は4290円(税込)。今後は、合成皮革を使ったアイテムなど、商品構成を拡大していく方針だ。


【瞬足足育ベビー】

ベビーの足の正しい育成を促す「瞬足足育ベビー」が復活

【瞬足足育ベビー】SJB 9520 3300円(税込)/カラーはピンク×ミント、ライトブルー、ネービー、黒。サイズ12.0~15.0㎝(ハーフサイズあり)

アキレスが、ベビーに向けて“子どもの足の正しい育成を促すシューズ”をテーマに開発した「瞬足足育ベビー」が21年春夏から復活する。瞬足足育ベビーは、「人間が持つ足本来の機能を取り戻し、正しく歩くこと」を第一に考えたシューズの設計思想「足育」が反映されている。軽量設計仕様で、つま先ゆったりのオブリークなラストを採用。パカッとひらくバンド仕様や、左右間違い防止機能も搭載しており、子どもが自分でも履きやすくなるような工夫がされている。


21年春夏は、光沢感のあるPUとメッシュ素材を採用したスポーツテイストのアイテム1型4SKUを用意。サイズは12.0~15.0㎝(ハーフサイズあり)。価格は3300円(税込)。


【SL BY SYUNSOKU】

21年春夏は「GameScape(ゲームスケープ)」をテーマに開発

【SL BY SYUNSOKU】左2点DSL 0330(パープル、黒) 4950円(税込)/SL BYシュンソク。サイズ17.0~25.0㎝(21.0㎝までハーフサイズなし)。右2点DSL 0340(サンド、黒) 4950円(税込)/SL BYシュンソク。サイズ17.0~25.0㎝(21.0㎝までハーフサイズなし)

黒と白を基調にトレンドのシームレスアッパーや洗練されたシルエットを採用したデザインが、ファッション感度の高い親にも好評の「SL BY SYUNSOKU」。瞬足で培った機能性を取り入れている点も「安心して子どもに履かせられる」と親に安心感を与えている。


21年春夏シーズンは、「GameScape(ゲームスケープ)」をテーマに商品開発を行った。パープルのグラデーション、イエローやグリーンの蛍光カラーといった近未来的な雰囲気を醸し出すカラーリングや、暗所で光を放つ蓄光素材、サバイバルゲームをイメージさせるボタニカルプリントの採用など、ゲームの世界観を表現したシューズを提案している。

SL BY SYUNSOKUの販促ビジュアル

販促ビジュアルは、DSL0330とDSL0340を取り入れたものを用意。DSL0330は、グラフィックTシャツに合わせゲーミング要素を取り入れたコーディネートで、DSL0340は、サファリイメージのコーディネートで表現した。



関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP