shoespost

 

 

Shoespost-online

2022年12月04日

Shoespost-online

2022年12月04日

【子ども靴特集<22年秋冬>】子ども靴、スポーツブランドが展開する注目アイテム!<スポーツ&ファッション編>



【瞬足】アキレス
好評の「SYUNSOKU V10」から待望のニューモデルが登場。瞬足足育ベビーは令和生まれの子どもの足の傾向に則した新設計モデルを提案



「瞬足」は、2022年秋冬シーズンに向けて、既存のファンやリピーターが瞬足をさらに好きになってもらえるような魅力あふれる商品提案を実施。また、人気キャラクターやブランドとのコラボレーションモデルの提案やベビーシューズの強化をはかることで、新たなファン獲得に努めている。


瞬足の2022年秋冬のイチオシは、子どもの「速く走りたい」「速く走れるようになりたい」という気持ちに応えた走ることに特化した「SYUNSOKU V10(シュンソク ブイテン)」の新モデル。秋冬の新デザインは、瞬足のファンが好むカラーリングをベースに、光沢感のあるプリントや素材を配し、店頭で目を引くようなインパクトあるシューズが揃っている。


新しいファンを獲得する施策としては、瞬足足育ベビーからは、令和生まれの子どもの足の傾向に則した新設計モデルを提案。また、瞬足足育シリーズは大人から子どもまで幅広い世代に人気のサンエックスのキャラクター「すみっコぐらし」モデルを展開している。


SL BY SYUNSOKUシリーズは、洋服に馴染みやすい黒、ブルーグレー、アイボリーを単色使いしたシンプルなデザインのユニセックスモデルを提案した。



【スキルシューター】ムーンスター
新スキルとして「水スキル」「爆スキル」を追加し構成を拡大。子ども達の様々なニーズに応える



ムーンスターは、多様な憧れや志向をもつ“今の子ども達”に向けた新ブランド「スキルシューター」を2021年12月から展開しており、子ども心をくすぐるギミック感を取り入れた商品提案と、マンガ、アニメタッチの販促ビジュアルを使用した“今の子ども”に向けた販売戦略が奏功し、売上を伸ばしている。


2022年秋冬は、第1弾で登場した走るためのスキル「風スキル」と「雷スキル」に、雨の日に活躍できる「水(アクア)スキル」とスポーツ時に活躍できる「爆(バースト)スキル」の新スキルをプラスし、構成を拡大した。今までの「速く走る」とは違った切り口を展開、打ち出すことで差別化し、新市場の開拓からのリーディングをはかる。



【ハイパージャンパー】アキレス
好評モデルを継続的に展開し、リピーターの定着とブランドの浸透をはかる



「ハイパージャンパー」は、アキレスが独自に開発した“衝撃が反発に変わる”進化系素材、ACROFOAM(アクロフォーム)をミッドソールに採用した子どもたちの運動能力を引き出すスポーツシューズ。


メインターゲットは、小学生高学年から中学生としているが、その履き心地の良さと19.0~28.0㎝というサイズ展開から、ジュニアのみならず大人からのニーズも高く、幅広い層の支持を得ている。


2022年秋冬に向けては、好評の4品番(HYJ 0010、HYJ 0020、HYJ 0050、HYJ 0006)を継続して展開することで、リピーターの定着とブランドのさらなる浸透をはかっていく。



【アルティメイター バイ スーパースター】ムーンスター
ターゲット層である小学校高学年の男児が求めるランニングタイプのデザインを追求



ムーンスターが小学校高学年をターゲットに提案している「アルティメイター バイ スーパースター」は、ターゲット層が高い関心を持つスポーツ、なかでも“走り”に向けてのニーズを捉えた商品展開を行っている。


2022年秋冬は、ターゲット層が求めるランニングタイプの商品デザインを追求。圧着やグラデーション転写を基調とした大人のランニングシューズと遜色のないデザイン提案で、スキルシューターとの差別化をはかっていく。



【ニコ☆プチスクール】アキレス
インスタグラムのフォロワーにアンケートを実施。“みんなの好きが集まった最強シューズ”を目指し開発



ファッションに関心が高い小学生中高学年のガールズに向けて展開している「n☆p school(ニコ☆プチ スクール)」は、女子小学生に絶大な人気を誇るファッション誌「ニコ☆プチ」(新潮社)から生まれたスクールブランド。シューズは、オンオフともにオシャレを楽しめるデザインで、軽量性や動きやすさにもこだわったラインアップを展開している。


2022年秋冬の商品開発に向けてアキレスは、同社が運営するニコ☆プチ スクールシューズの公式インスタグラムでアンケートを実施。アンケートは「みんなの好きを教えて!」と題し、好きな色、好きな服のタイプ、好きな柄の3点を質問。フォロワーの回答を集約して、“みんなの好きが集まった最強シューズ”を目指し作成した。


【ニーモ】ムーンスター
今どき女子にぴったりな“ニーモだけの特別なぎゃる”になれるシューズを提案



「おしゃれが好きなあの子にも。おしゃれになりたい私にも。はくだけでイマドキガールになれる靴。」をコンセプトに展開している「ニーモ」は、メイクのように普段とは違う特別感、ちょっと背伸びをした大人っぽい自分、そんな女の子達の憧れを叶える、トレンドを取り入れたカジュアルシューズを提案している。


2022年秋冬シーズンは、昨今のギャルブーム再到来を受け「Nぎゃる(=ニーモ的ぎゃる)」をテーマに商品を開発。クールなテイストに抜け感をプラスした今どき女子にぴったりな“ニーモだけの特別なぎゃる”になれるシューズを展開した。



【ラブラッシュ バイ スーパースター】ムーンスター
新デザインと人気モデルのリニューアルを実施。ガールズの幅広いニーズに応えられる幅広いデザインをラインアップ



走ることだけでなくトレンドも意識した商品提案が好評のガールズスポーツシューズ「ラブラッシュ バイ スーパースター」は、新デザインと人気のデザインのリニューアルを実施。とくに、ガールズスポーツ市場でパイが少ないキッズサイズの商品提案に力を入れ、当該サイズの構成をさらに厚くし売上拡大をはかった。


商品は、ガールズの幅広いニーズに応えられるよう、ファンシーなものからシンプルなデザインまで幅広いデザインを用意。アウトソールには走りをサポートするパワーバネを搭載している。



【アシックス レーザービーム】アシックスジャパン
主軸のスピードモデルと新たな売上の柱であるミニマルモデルの二軸展開。それぞれのプリスクールモデルも提案強化

アシックス レーザービーム 1154A130 4290円(税込)/様々なシーン・服装に合わせやすいミニマルモデルの幼児向けプリスクールモデル。中敷には、左右正しく履いてもらえるよう踵部分にトラの絵柄をプリントしている。サイズ16.0~22.0㎝

競技用スポーツシューズを通じて培った機能を搭載し、子ども達のスポーツや遊びを足元から支えているアシックスの子ども靴「レーザービーム」。


売上の主軸は引き続き、速く走る機能に特化したスピードモデルだが、次の売上の柱と据えているミニマルモデルの売上が、前年の2倍近くの販売状況となっており、好調に推移している。


2022年秋冬に向けては、主軸のスピードモデル、新たな売上の柱であるミニマルモデルの二軸展開となるが、スピード、ミニマルそれぞれの幼児向けプレスクールモデルの展開も強化。どのような特長を備えた靴が子どもの健やかな足の成長にとって良いかをしっかり幼児期から訴求し、幼児期から提案できる商品ラインアップを揃えることで幼児期からコアユーザーを獲得し、小学生向けモデルでの売上底上げをはかる。


スピードモデルは、春夏向けのアッパー材がメッシュのタイプと、秋冬向けのアッパー材が人工皮革材のタイプの2タイプで構成。人工皮革材タイプは、メッシュタイプに比べ、①砂が靴内に入りづらく手入れが簡単②防水ではないものの、多少の雨はしのげる③耐久性に優れるといったメリットがある。


幼児向けプレスクールモデルについては、小さな子どもでも左右正しく履いてもらえるよう中敷きにトラのプリントを施したほか、履き口の内側とベロ部の片方を1枚につなげたキモノフィットタン構造を採用することで、ベロが中に入りこみづらく足入れをしやすくしている。


販促面では、認知拡大を目的に、ママパパ層に対して9月中旬から下旬にかけてブランドコンテンツ広告をインスタグラムとティックトック上で実施。また、店頭での購買促進のため、商品ごとの違いがわかるような推しポイントパネルを作成し、店頭や得意先のSNSなどで活用している。


【アサヒ ガチ強】アサヒシューズ
合成皮革アッパーとつま先ガードを搭載した“丈夫さ”への評価が高く、通販での購入増える

【アサヒ ガチ強】㊧アサヒJ038(男児向けデザイン)、㊨アサヒJ039(女児向けデザイン) ともに3300円/各3色展開。サイズ16.0~25.0㎝(16.5、17.5、18.5、19.5、20.5㎝なし)

アサヒシューズの「ガチ強」は、丈夫な構造を採用し、遊び盛りの子ども達の足元をサポートするジュニアスポーツシューズ。丈夫さに対する評価が高く、通販での購入が増えている。


男児向けデザインの「アサヒJ038」と女児向けの「アサヒJ039」は、アウトソールは、滑りにくいパーパス意匠を採用した耐摩耗性に優れるオールラバーソールを採用。シューズのつま先部分には硬質のつま先ガードを装着した。アッパーには破れにくく、少量の雨なら浸みにくい合成皮革を使用。また、縫い目を極力減らし、糸切れやほつれの起こりにくいよう配慮している。カラーは各3色展開、価格は3300円(税込)。


とくにJ038はブラック、J039はホワイトが人気で、あまり幼稚になり過ぎない、シンプルな配色が好まれている。


【ミズノ】ミズノ
さまざまなスポーツの設計思想を取り入れたジュニアシューズの新作「スピードスタッズ3」を発売

スピードスタッズ3 4290円(税込)/ジュニアシューズの新製品。さまざまなスポーツの設計思想を取り入れ、縦横無尽の動きに寄り添ったモデル。「今後、競技スポーツを目指すきっかけ、1歩目となるシューズになれば」との同社の思いも込められている。サイズ21.0~25.0㎝

ミズノは、ジュニアシューズの新製品として「SPEED STUDS 3(スピードスタッズ3)」を発売した。


同モデルは、あらゆる競技シューズの設計を踏襲したシューズ。ランニングシューズの屈曲や陸上スパイクのスタッド、サッカースパイクのねじれなど総合スポーツメーカーであるミズノのノウハウを取り入れた。足型は小学生の足の特徴に合わせたジュニア用ラストを採用。指先はゆったりフィット、甲部は安定フィット、踵部はしっかりフィット設計になっている。カラーは5色展開で特にブルーの人気が高い。


販促面は、ブランドメッセージ「スキ!を、もっと。」というテーマを設定し、これをもとに展開。1つの商品に対してのプロモーションではなく、「こどもの成長を応援するブランド」として親が子どもの頑張ってる姿を投稿するフォトコンテストなどを実施している。


【ニューバランス】ニューバランスジャパン
小学生をターゲットにしたランニングシューズ「フレッシュフォーム650」を発売。幅広いニーズに対応できるようパフォーマンスシューズを拡充

Fresh Foam 650 v1 6050円(税込)/フレッシュフォーム650の面ファスナータイプ。クッション性と軽量性を提供するフレッシュフォームを配したミッドソール、グリップ性と耐久性に優れたラバーアウトソール仕様。サイズ17.0~25.0㎝

ニューバランスジャパンは、キッズ/ジュニアシューズのパフォーマンスカテゴリーの強化を実施しており、9月に小学生をターゲットにランニングシューズの新製品「FRESH FOAM 650(フレッシュフォーム650)」を発売した。


数シーズンに渡り提案している「HANZO」シリーズと「570」に加えて、幅広いニーズに対応できるようパフォーマンスシューズを拡充。子どもから“履きたい”、親から“履かせたい”と思われるシューズとしてデジタルを主戦場として訴求をはかっていく。


フレッシュフォーム650は、ミッドソールに「FRESH FOAM(フレッシュフォーム)」を搭載し、長く快適に走るための卓越したクッション性と軽量性を提供する。アウトソールはフルラバーで高いグリップ性と耐久性があり、前足部の屈曲部分には曲がりやすいよう溝を設計。踏みつけ部分と踵部分のヘキサゴンを大きく設定することで着地の安定感と蹴りだしをサポートする。


ラインアップは、シューレースと面ファスナータイプの2種類で、価格は6050円(税込)。


【サン】アサヒシューズ
シンプルなデザインと履き心地の良さ、親子コーデが楽しめるラインアップが魅力

サン ㊧SUN P001 2750円(税込)/甲ゴムスリッポンで脱ぎ履きしやすい。合皮アッパーで雨の日も安心。カップインソール搭載。大人モデルの「SUN 500」とリンクコーデも楽しめる。サイズ16.0~21.0㎝(ハーフサイズなし)。㊥SUN P002 2200円(税込)/バレータイプ。日本製、2E、軽量、インジェクション製法。レディスモデル「SUN L505」とリンクコーデが楽しめる。サイズ14.0~19.0㎝(ハーフサイズなし)。㊨SUN P003 2750円(税込)/センターゴム付スリッポンで脱ぎ履きしやすい。インジェクション製法。大人モデル「SUN 506」とリンクコーデが楽しめる。サイズ14.0~19.0㎝(ハーフサイズなし)

アサヒシューズは、1960年代に商品化されたハウスブランド「SUN(サン)」をリニューアルし、20~30代の親と子どものファミリー層をターゲットとしたあきのこないシンプルなデザインと歩きやすさと履き心地にこだわったシューズラインとして2022年2月から展開している。現在、販路は通販を中心としているが、今後拡大をはかっていく。


商品コンセプトは、ホワイトとブラックを基調に、時代に左右されないシンプルで息の長い商品を提案していくこと。そして、生活の身近にあるコストパフォーマンスの高いブランドとして訴求していく。


秋冬の新製品は、センターゴム付スリッポンで脱ぎ履きしやすい「SUN P001」(税込価格2750円)を用意。同モデルとリンクコーデが楽しめるよう大人モデルのSUN506も展開する。


また、継続モデルの甲ゴムスリッポン「SUN P001」(税込価格2750円)、バレータイプ「SUN P002」(税込価格2200円)も同デザインの大人モデルを用意しているため、親子や母娘コーデを楽しめる商品として注目が高い。


関連記事


注目記事


商品特集

商品特集


連載

  • いちがいもんの独り言
  • フィッティングの技法
  • トレンドを俯瞰する
  • シューズビジネスを考える

有料会員限定記事


カテゴリー別記事

企業

業界

商品

マーケット

サステナビリティ

インタビュー

決算

人事

PAGE TOP